ホ ー ム本学会について次回大会 大会の記録 『文体論研究』お知らせ「学会賞」

 本ホームページ(ウェブページ)は、日本文体論学会事務局が管理しています。
 ・本ホームページの著作権は、日本文体論学会が保持しています。
 ・コンテンツの無断利用(無断掲載・転載・複製など)は、お断りします。
日本文体論学会
Japan Society of Stylistics


 日本文体論学会は、1961年に発足し、日本をはじめ世界の言語・文学について、広く文体に関する研究を推進し、研究者相互の連絡をはかることを目的とした学会です。現在、日本語、ドイツ語、フランス語、英語、中国語、スペイン語、ロシア語など、様々な分野の言語・文学を専攻する研究者が参加し、研究大会の開催と、学会誌『文体論研究』の発行を中心に活動しています。 多くの研究者の方々のご参加をお待ちしております。

学会からのお知らせ
第117回大会は、メイン会場を杏林大学井の頭キャンパスとする対面とオンラインのハイブリッド開催になります。
 詳細は、追ってお知らせいたします。

2021年6月26日(土)
 12:00 受 付
 12:10 総 会
 13:00 開 会  開会のことば・会場校あいさつ  会長 倉林 秀男 (杏林大学)

 〇研究発表(発表時間25分、質疑応答10分)
  (1)13:10 福本広光(英語:大阪大学[院])「米国大統領演説における分離不定詞構造 ―Lincolnの事例を中心に―」
  (2)13:45 中元雅昭(中国語:日本大学) 「『白氏文集』にみる「雪」の描写-その心象と方法を中心に―」

 〇特別講演
  14:30 吉田卓先生(大阪学院大学)
  15:50 閉会のことば

 〇特別企画
  16:00-17:00(予定)

本学会について
次回大会
大会の記録
『文体論研究』
お知らせ
「学会賞」
学会の代表理事挨拶・沿革
次回に開催される大会
過去の大会プログラム
『文体論研究』執筆のために
研究発表申込書・会員紹介など
「学会賞」の設置と規定


研究発表の申し込み
 日本文体論学会では、原則として毎年6月に大会を開き研究発表などを行っています。学会員で研究発表を希望される方は、2月末日までに、学会指定の【研究発表申込書】(「会員へのお知らせ」サイトを参照)を使用して事務局まで申し込んでください。 なお、未入会の方は入会手続きを済ませたうえで(あるいは入会手続きと同時に)お申し込み下さい。

日本文体論学会事務局
住所変更・所属変更などの各種変更のご連絡、学会発表の申し込みは以下の事務局へご連絡願います。
〒206-0033
東京都多摩市落合2-6-1 (株)インフォテック内
電話:042-311-3355 Fax:042-311-3356  E-mail:buntairon-post@infotec.co.jp

Copyright 2014日本文体論学会. All Rights Reserved.